スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SNAKE IT PARADISE ③

ダラ武器記事、いかがでしたか?
コピペ全開ですみません。

ティガ希少種武器同様、癖があり、作成に苦労すると愛着が湧いてどうにか使ってみたくなります。
そもそも武器を作るのが好きなので、素材の要求数や報酬がおかしくてもめげずに作りますw

武器コンプ時の討伐数は60でした。
コンプ目指しての素材集めは殆どソロでやりました。
使用武器は発掘スラアク、双剣、ヘビィです。(双剣とヘビィは1回くらいw)
スラアクで真打、気絶無効、砥石高速でやっていましたが、
素材集め(尾殻!)の効率を上げるために
スペック
ダラ専用
スキル
に変更しました。お守りは匠5です。
オトモも連れて行ってましたが、落し物(賜物)が邪魔で
(段差付近に落として上る時に拾ってしまう)置いていきましたw
25分くらいで終わるので、通勤中にやっていました。

素材集め開始時に起こった奇跡w
ダラ①
ダラ②
ダラ③
ダラ④
こんな事は二度と起きませんでしたw

4Gには赤く変色したダラが出てくるみたいなので、G級強化も楽しみです!
チャーアクとライトの作成もあるのかな~?

4G発売がホントに楽しみです!

ほな(^_^)/
スポンサーサイト

SNAKE IT PARADISE ②

ダラ武器記事第2弾!! ランスから行ってみまそ~

☆ランス確乎不抜の不壊イジス(かっこふばつのふえイジス)
イジス(納刀)
•生産難易度はそれほど高くもないのだが、強化になると一変。
レア素材として悪名高い凶星の破片を4つも使用する。一体どこに使用するのだろうか…?

•「イジス」の由来はギリシア神話の女神アテナが所持したとされる防具「アイギス」の英語読み「イージス」か。
メドゥーサの首がはめこまれているとも言われており、何気にネタ元でも蛇とも因縁がある。
•「確乎不抜(かっこふばつ)」とは、意志がしっかりしていて動揺しないさまを表す四字熟語である。
確乎不抜に不壊を重ねてとにかく崩れない、壊れないまさに「鉄壁の守護」を表しているのだろう。

•攻撃力529とアマデュラ武器恒例の高さだが、他の長所だったスロットは2、防御力は+20とやや控えめ。
それなりの青ゲージを持つが匠でも白は現れず、-20%のマイナス会心は他の武器種並。
覚醒により麻痺属性120を得るが、麻痺槍枠はパラスピンクロウラーと
チャルク・ムラーカという二大巨頭が存在する為、
覚醒が必要というハンデを持つイジスには介入する隙はなく、
素直に物理メインで使用することになるだろう。
•ここで他の高攻撃力槍である角槍ディアブロスや衝槍【虎穴】・大鬼槍ラージャンと比較すると、
◦角槍ディアブロスは攻撃力529、会心率-10%にスロ1、
匠で微小ながらも白出現といった性能となっており、物理期待値は全生産ランス中最高。
しかし匠無しでは緑止まり、匠で出現する青と白もそれぞれ10ずつと非常に短い。
◦衝槍【虎穴】は攻撃力483、会心率15%に素で長い青ゲージを持つ。
スロットは空いていないが、会心込みでのイジスとの期待値の差は僅か0.75。
ちなみに会心率の都合上、爪・護符を所持していると立場が逆転してしまう。
◦大鬼槍ラージャンは攻撃力506、会心率0%にスロ1、匠必須の青50を持つが、
雷属性値が付与されているため、期待値では実質無属性のイジスを凌駕する。
そのため、防御力ボーナスとスキル自由度のイジス、持続力の衝槍【虎穴】、
瞬間火力の角槍ディアブロス、総合能力の大鬼槍ラージャンと一応の差別化はなされている。
•なお、イジスはスロットこそ2つあるが、業物がほぼ必須という仕様上、
スキルの自由度では業物要らずの衝槍【虎穴】に敗北する。
業物を発動させる際のスロット消費は匠発動時のそれよりも遥かに軽いため、
余ったスロットを他スキルに動員できる点で大鬼槍ラージャンとはどっこいか。
護符・爪を所持している場合の前者とは防御力ボーナスで、
後者とはスキル自由度で差別化していくことになるだろう。

スキルは 覚醒 斬れ味1 ガ強 回避3 です。
ガードランサーはできない(回避ランサーも微妙…。)ので回避で。
イジス(抜刀)

☆ガンランス震天動地に崩すグング(しんてんどうちにくずすグング)
グング(納刀)
•「グング」の由来は北欧神話の主神オーディンが所有したとされる伝説の槍「グングニル」か。
一発必中、如何なるものでも貫き通す強力な武器であり、また掲げた者には必勝を確約するとされる。
•「震天動地」は、天地を振い動かす出来事を表す熟語である。
ダラ・アマデュラはただ動くだけで千剣山を崩壊させる力を持っているため、的を射たネーミングと言えよう。

•生産条件がとんでもなく鬼畜。
ランダムで落下する隕石から採掘しなければ入手できないレア素材の凶星の破片をなんと3つも使用する。
強化でも天剣の龍玉を1つ使用するが、大半は凶星の破片を集める間に入手してしまうと思われる。
逆まく凶星の銃槍という名は伊達じゃないという事だろう。
◦また、地味にフルクライト鉱石を10個も要求される。
破片集めの際のハズレも無駄にならないようにという配慮だろうか?

•なお、ガンランスとしては珍しく中折れ機構を採用していないので、
納刀状態だとにょっきりとした銃身が天高く突き上げる形になる。

•アマデュラ武器のテンプレ通り、高攻撃力460、スロット3、覚醒爆破250、防御力+20。
グングに強化すると砲撃Lvは放射Lv4にまで上昇する。
ここまでなら有用に見えるが、素の状態では青ゲージがあまりに短く、
匠を発動しても青が伸びるのみで突き運用としては少々物足りなく、
砲撃運用にするには、今作の放射は異常に射程が短く使いづらい。
スペックの割りに使いづらい武器となってしまっている。
◦覚醒麻痺なら、動きを止めたところに竜撃砲を叩き込むといった運用が出来ただろうに。
グング(冷却)
スキルは 覚醒 斬れ味1 回避2 砲術王 です。
回避ガンサー難しい…。納刀がランスと同じ挙動です。
グング

☆スラッシュアックス抜山蓋世の乱刃ガゲキ(ばつざんがいせいのらんじんガゲキ)
ガゲキ斧
•剣斧の横に幾重もの刃を取り付けた、一太刀にするというより無数の刃で引き裂くような外見。
剣斧には珍しく厚みがあり、どちらかといえば無数の刃を生やした棍棒のようである。
斧モードでは瞳のような模様が刃の根元に配置され、ダラ・アマデュラの頭部を模したようなデザインとなる。

•ガゲキの由来は、三国志演義において呂布の愛用する武器「方天画戟」からと思われる。
つまり、この武器と同じである。
•抜山蓋世(ばつざんがいせい)は、「勢いが非常に強く、自信に満ち気力の雄大なさま」を表す。
楚漢戦争末期、項羽が四方から流れる楚国の歌を聞き、嘆く中で謳った詩を元にした有名な四字熟語である。
◦ただこの後、「時が味方しない。愛馬も走らない。馬が走らなければどうすることも出来ない。
虞美人(寵姫)よ、お前をどうしてやればいいのだ」…と敗勢で折れそうな心を詩の続きに吐露している。
この武器にもその内「時利あらず」と歌う日が来るのかもしれない…。
◦確かに史実では「俺はとても強いのに天に見放されたせいでこのザマだ」となってしまうが、
幸いにもそんな意味での引用はあまりされない。

•攻撃力972、会心-15%、爆破200、スロット3、防御力+20。ビンは強属性。
他のアマデュラ武器とは異なり覚醒無しで爆破属性を使えるのは嬉しい。
•最終強化形であるガゲキの性能は、
◦高めの攻撃力1080
◦やっぱり低い会心-10%
◦素の斬れ味は相変わらずの短い青
◦あって嬉しい防御力+25
◦柔軟なスキル構成が可能なスロット3
◦素で爆破240、強属性ビン
また、強化すると、アマデュラ武器らしからぬ強みがもうひとつ追加される。
僅か10ではあるものの、匠で斬れ味白ゲージが出現するのだ。
•攻撃力が高く肉質無視の爆破属性を持つこと、
そもそも部位破壊能力の高いスラッシュアックスであることから、
部位破壊を狙う上では非常に頼れるひと振りとなるだろう。
•また、弱体化されたがある程度汎用性がある爆破属性を持つ事、
拡張性があるスロ3を持つ事等から、THEエグゼキューターと並んで
今作の汎用剣斧として紹介される事が多い。
•爆破属性剣斧ということで、ライバルは爆砕の剣斧となる。
しかし、爆砕の剣斧は強撃ビン装填とは言え攻撃力が低く、
会心補正とビンの倍率が以前と同じだと仮定した場合、
爆砕は強撃ビン込みでも武器倍率192相当なのに対し、ガゲキは会心込みでも武器倍率195相当となる。
属性値に関しては爆砕は280とガゲキより40高いが、
ガゲキは強属性ビンであるため、剣モードなら300相当となり逆転する。
さらに爆砕の剣斧には無い防御ボーナスと3スロットも持ち合わせている上、
ネックである斬れ味も大した差は無い。
これらの点から、爆砕の剣斧に負けることはまずないだろう。

•その後ミラボレアス【紅龍】の解禁に伴い、もう1本の爆破剣斧、黒滅龍剣斧が姿を現した。
そちらは驚異の爆破属性値420を持ち、さらに強属性ビン装填という、徹底した属性特化仕様。
さらに斬れ味紫と会心10%も持ち合わせているものの、
素の攻撃力が810と低いために期待値は青ゲージガゲキにも負けていることから、
物理火力ならガゲキ、属性特化なら黒滅龍剣斧と差別化できている。

•しかし、これだけの性能を持つだけあり、制作難易度もかなり高い。
まず生産には前脚の部位破壊報酬およびセミレア素材となる「蛇王龍の鉤爪」が4つ、
そして背中の部位破壊報酬限定の「蛇王龍の扇刃」が1つ必要になる。
と、ここまではまだ序の口であり、ここからガゲキへの強化が大変。
強化には ◦「蛇王龍の扇刃」が追加で3つ。
◦尻尾の切断からの剥ぎ取りか下半身の部位破壊、
又は下半身突起の部位破壊でしか入手出来ない「蛇王龍の尾殻」が4つ。
◦頭部の部位破壊等で入手するセミレア素材の「蛇王龍の睨眼」が2つ。
◦とどめにダラ・アマデュラのレア素材である「天剣の龍玉」が1つ。
以上のように入手の難しい素材のオンパレードである。
それに見合った性能は持っているので、地道に頑張って連戦しよう。

スキルは 真打 業物 ボマー 5スロ空きです。
かなり汎用性が高くスラアクは使い慣れた武器なので逆に使ってないですw
(ダラ武器は覚醒させて如何に使うか!みたいなところがあったので…)
リべリオン胴体とマッチしているのでひょっこり担ぐかもしれませんが。
ガゲキ剣

☆操虫棍渾然一体の薙刀ヤマタ(こんぜんいったいのなぎなたヤマタ)
ヤマタ(納刀)
•「ヤマタ」は、おそらく日本神話に登場する八岐大蛇が元ネタ。
「蛇王龍」の別名と、大蛇のように長大な身体を持ち、
またMH世界でお伽噺として語られていたダラ・アマデュラにぴったりだろう。
•渾然一体(こんぜんいったい)は「幾つかのものが溶け合って一体となっている様」を表す四字熟語である。
高攻撃力・爆破属性・長い白ゲージと全体的に高スペックなこの武器を表しているのだろうか。
もしくは、元ネタであるヤマタノオロチが8つの頭、8本の尾を持つことから、
「8つの命が一体となった大蛇」というイメージで用いられた可能性もある。

•猟虫は切断型のクルドローン。
•武骨な直線形で薄紫色をしており、先端には幾つもの歪な黒刃が上向きに備わっている。
この刃は伸縮が可能で、納刀時や跳躍時には付け根に格納される。

◦全操虫棍中第2位の攻撃力620。
他の操虫棍が攻撃力500台前半~後半を彷徨う中、貫禄の600台である。
なお、第1位の攻撃力を持つ金砕棍ゴーデンライは会心率が-20%である上、
素で緑ゲージしか無く、匠で現れる白ゲージも短いことから、
後述の斬れ味等を加味すると、渾然一体の薙刀ヤマタが実質1位の物理火力を持つ。
◦素で白ゲージ10、斬れ味レベル+1でなんと白ゲージ60。
斬れ味レベル+1でも青ゲージが多いアマデュラ武器の中では最優秀、
それどころか全ての操虫棍の中で最も優れた斬れ味ゲージである。
現状この斬れ味に拮抗し得るのは、匠で若干ながら唯一の紫ゲージを得る黒龍棍【天命】のみ。
その黒龍棍も青以上の斬れ味ゲージが非常に短く戦闘継続能力に難がある上、
紫ゲージを以ってしても物理期待値でヤマタには勝てない。
というわけで、総合的な斬れ味の優秀さにおいてヤマタを脅かす棍は皆無である。

◦覚醒不要の爆破属性270。
弱体化したとはいえ、相変わらず汎用性が高く優秀な爆破属性を標準装備。
怒涛の連撃で攻める操虫棍との相性はかなり良く、圧倒的な物理火力を後押ししてくれる。
部位破壊が容易になるのもポイント。
◦まだまだ快進撃は続き、あろうことかこの攻撃力でマイナス会心無し。
ゴーデンライは最高の表示攻撃力を持ちながら短過ぎる白とマイナス会心の前に沈んだが、
このヤマタの物理火力を妨げるものは何もない。
もうこの時点でゴーデンライが不憫過ぎる超スペックである。
◦そしておまけのスロット1。スロ0のゴーデンライは泣いていい。
アマデュラ武器群の中ではスロット数が少なめだが、前述した通り文句無しの性能なので問題ないだろう。
ご覧の通り、正に破格と呼ぶに相応しい性能であり、
他のアマデュラ武器と比較すると「異質」とも言える特徴を持っている。
防御力ボーナスが付かないのが惜しいところだが、流石に防御力まで求めるのは贅沢すぎるだろう。
新武器であることに加え、発掘武器が存在しない操虫棍の中でも大健闘している部類に入り、
普通に他武器種の栄光の武器クラスと拮抗し得る、あるいはそれ以上のポテンシャルを誇る。
•上記の通り与ダメージ能力が高い水準で纏まっており、
また爆破属性により殆どのモンスターに安定した働きが出来る上に部位破壊も容易と、
若干オーバースペック気味とすら言えるほどに優秀な武器である。
そのため、後述の通り装備や相手次第では開闢の焔竜棍や黒龍棍【天命】などに分があるが、
非常に高い汎用性とスキル自由度を誇る渾然一体の薙刀ヤマタを事実上の最終装備とするプレイヤーは多い。

•以上のように高い汎用性と威力を両立させるヤマタであるが、それに応じて作成難度は非常に高い。
生産から最終強化までに尾殻×6、扇刃×5、天剣の龍玉×1といった入手困難な素材の他、
鉤爪×2、渦巻骨×6と虫の強化素材、そして多額のお金が必要となる。
これまでの主力であったであろう棍は製作・強化が非常に簡単なので、
作成難度にギャップを感じた人も多いのではなかろうか。
特にキー素材の尾殻は切断した尻尾からの剥ぎ取りで入手するのが主なため、
そもそもこの棍の存在に気づかない人も。
•縦しんば存在を知っても、作成までに尾殻3つと扇刃5つが必要、
即ち圧倒的な体力値を誇るダラ・アマデュラを最低でも5回倒さねばならない上、
最終強化まではさらなる尾殻と龍玉を要求されるため負担は非常に大きい。
おまけに尾殻は尻尾の剥ぎ取りもしくは特定部位の破壊報酬限定の素材、
扇刃は背中2段階破壊の報酬で手に入るが、両方とも入手確定素材ではない。
つまり、かの悪名高いアレに引っかかる可能性が非常に高い。
実際、レア素材のはずの龍玉はすぐに入手できても尻尾剥ぎ取りが尾麟のみという事態もまま発生する。
さらにひどいと龍玉が尻尾剥ぎ取りで何個も出てくる。嬉しいのやら悲しいのやら。
◦一応、尾殻が基本報酬に並ぶ救済クエストも存在する。
が、鬼畜的な難易度に加えて、解禁されるのがHR100と何かとハードルが高く
(一応参加自体はHR8から可能である)、入手率も8%とそこまで高くない。
何よりそこに辿り着く前に素材が集まるであろうことから恩恵が少ない。

◦ただ、実は必要な素材の全てが部位破壊で手に入るため、サブターゲットを駆使すれば
必ずしもダラ・アマデュラを倒す必要はない。
後脚破壊報酬の渦巻骨はさすがに倒した方が集まりやすいと思われるが、
特にソロで素材を集める場合はサブタゲクリアも一考の余地はある。
•このように作成難易度は極めて高く、ダラ・アマデュラとの連戦も覚悟する必要があるが、
最終的には殆どの相手はこれ一本でOKと言えるほどの性能を持つため、是非とも所持したい一振りである。
幸いかの悪名高い破片は要求されないので、頑張って尻尾と背中を部位破壊して討伐しよう。

スキルは スラアクと同じく 真打 業物 ボマー 5スロ空きです。
これは一番最初に作成したダラ武器で、当初はかなり使っていました。
ただ、スラアク以上に使い勝手が良すぎるので最近は使っていません。
ヤマタ

☆ヘビィボウガン一天四海を捉えるラゼン(いってんしかいをとらえるラゼン)
ラゼン(正面)
•「ラゼン」の由来は不明だが、「螺旋」の捩りの可能性がある。
現実の銃火器には弾丸に回転を加えて精度を上げるために、
ライフリングと呼ばれる螺旋状の溝が銃身内部に設けられている。
ブレ「無し」に設定されているのもそのあたりから来ていると思われる。
•一天四海(いってんしかい)は一つの天下と四方の海のことで、全世界を意味する。
世界を睥睨する蛇王龍から誕生する弩に相応しい四字熟語であろう

•見た目はダラ・アマデュラの上体を模しているのだが、
ボウガンの各所に刃があり、下部には丸鋸まで付いている。
この丸鋸、しゃがみ撃ちの体勢になるとハンターの足に当たっているのだが…

•最終強化の「一天四海を捉うラゼン」の性能であるが、
基本性能 ◦攻撃力330  ◦防御力+40 ◦会心率0% 
◦リロード:やや遅い ◦反動:大 ◦ブレ:なし
装填数 通常弾3 (3) 8 貫通弾5 (6) 6 散弾6 (5) 6
•デフォルトの反動が大であるため、運用には反動軽減が必須になってしまうが、
トップクラスの攻撃力に加え、スロットが3つ、ガンナー防具並の防御力+40付き。
さらに通常弾、貫通弾、散弾のLv3物理弾でしゃがむことが可能。
高い攻撃力から繰り出されるLv3物理弾しゃがみ撃ちの威力は凄まじい火力を誇る。
ただし、物理弾と爆発系の弾がLv1とLv3にしか対応しておらず、
扱いやすいLv2物理弾が使用できないので注意が必要。
◦今作ではハリマグロやはじけイワシの入手がほぼ投網マシーン頼りとなってしまったため、
LV3通常弾・貫通弾をバカスカ調合撃ちしているとあっという間に在庫切れになってしまう。
どちらかというと、超火力の物理弾しゃがみによる短期決戦向きの銃である。
また、反動軽減を+1にとどめ、素材の集まりやすいLV1貫通弾で戦うスタイルも存在する。
◦同時期に作成できるようになる陸奥・天城シリーズとは好相性。
一番欲しいスキルである貫通弾強化と反動軽減を両立できる。
また、スキルの防御力UPとボウガンの防御力+40によって高い防御力を得ることが可能。
•リロード速度はやや遅いであるが、多少上げた所でLv3物理弾の装填速度は変わらず、
反動軽減との両立も難しいため、しゃがみ撃ちでカバーするのが一番だろう。
◦実際のところ、ラゼンの貫通弾Lv3の装填速度は普通であり、
貫通弾Lv3を最速で装填するにはリロードを【速い】にする必要がある。
だが、デフォルトでこれを満たすヘビィボウガンは存在しないため、
貫通弾運用においてはリミッター解除しても問題はない。
むしろ弾の消化速度の速いしゃがみ撃ちをなくし、単発の威力を高める事で弾持ちが良くなり、
貫通弾Lv3が切れた後の貫通弾Lv1の威力を高める事のできるリミッター解除を推奨する意見も根強い。

•素の状態では撃てないLV2貫通弾だが、追加スキルで解放するとなんと6発も装填される。
これによって高い汎用性と攻撃力を両立した素晴らしい貫通銃に仕立て上げることが可能であり、
貫通弾・貫通矢UP、反動軽減+2、貫通弾全LV追加、回避距離UPの4スキルを積むのが一つの理想型。
ただしこの構成で装備を組むにはどの組み合わせに於いてもいわゆる「神おま」を要求されるため、
「追加強化ラゼン」と呼ばれるこの運用型は数多くのガンナー憧れの一品となっている。

•最大の欠点は強化の際にあの凶星の欠片を4つも要求されることか。
数をこなせば集まる素材ではないため、地道に採掘するしかない。
•武器を出しているときにはボウガンの各部が回転するほか、
パワーバレルを付けているとレーザーサイトが照射されるギミックがある。
ラゼン2
スキルは 剛弾 反動2 攻撃up【小】
作成前にいい発掘カオスを引いてしまったので殆ど使っていませんw
射手3の発掘リべリオン胴が出たので、何となくの剛弾装備です。
ラゼン1

☆弓神算鬼謀に穿つヨイチ(しんさんきぼうにうがつヨイチ)
ヨイチ(側面)
•「ヨイチ」の由来は平安時代に活躍し、優れた弓取りとしての逸話を持つ武将、「那須与一」だろうか。
歴史上の人物の名を武器名にぶち込んでくるとは、これも他武器とはまた違ったベクトルで凄まじい。
•神算鬼謀(しんさんきぼう)は、人知を超えるほどの優れた計略を表す。
緻密な計略で以って運用しろという事なのか?
•発掘装備の弓では、この弓と全く同じ溜め段階と対応ビン、そして麻痺ビン強化を持つものが存在する。
•高攻撃力、マイナス会心、溜め4初期解放のせいで使い勝手が悪くなっている、強撃ビン装填不能、
そしてラスボスの超大型古龍から作られる弓……と、共通点が多い。

◦ヨイチへの強化には、かの悪名高き蛇王龍の尾殻が8個も要求される。
どうしたことか、アマデュラ素材が関わる全武具中でも屈指の要求数である。
いくら切断属性の攻撃があるとはいえ、弓で尻尾を切断(破壊)するのは現実的ではないため、
素直に剣士で挑んで集める方が得策である。
一応、後脚か下半身の破壊報酬で狙うという方法もあるが、効率が悪い。

•胸殻から生えた剣のような鱗を、弓の形に繋ぎ合わせたデザイン。
弓の縁は余すところなく鋭利な刃で覆われており、扱いを間違うと使用者が怪我を負いかねない危険なシロモノ。
そのまま弓で斬りつけた方が強いのではなかろうか。
ヨイチ(正面)

•神算鬼謀に穿つヨイチで攻撃力は圧巻の276。MH4生産弓の中では第2位の数値である。
会心も0%と安定しており、麻痺ビン強化と若干の防御力、そしてスロット3つが付いてくる。
•このように数値上のスペックは非常に優秀なのだが、
しかしこの武器もまた他の多くのアマデュラ武器の例に洩れず欠点を抱えている。
まず目につくのは、ヨイチ最大の特徴ともいえる溜め段階だろう。

溜め1/拡散2 溜め2/拡散3 溜め3/貫通4 溜め4/連射5

なんとこの弓、最初から溜め4が解放されているのである。
しかし、溜め3が貫通なのに対し、溜め4は連射。
弓はクリティカル距離維持の観点から、
溜め3と4で矢のタイプが異なる弓は溜め4を解放させない方がいい、というのが定説である。
これでは「溜め3貫通を撃つつもりが溜め4連射に化けてしまった」という事態が発生しかねない。
◦主力となるのは溜め3であるが、残念ながら無属性貫通矢の需要はほぼない(有効な相手も一応存在する)。
ならば溜め4の連射を使えばいいのだが、
いかんせん溜め4は溜め時間の長さによるDPS低下・スタミナ消費増といった難点がある。
何より無属性連射弓には攻撃力300で溜め3が連射Lv5の弓が存在している。

•では対応ビンはどうだろう。
PTプレイでありがたい麻痺ビン強化だけでなく、毒・睡眠・減気ビンにも対応している。
……が、まさかの強撃ビン非対応。せっかくの高攻撃力なだけに誠に残念である。
•覚醒で爆破属性が付くものの、属性値130。爆破弓の中では最低である。
ただでさえ弓は必須スキルが多く、ましてやこの武器には強撃ビン追加もかかせないので
わざわざ発動させるのかと言われると微妙なところ。
◦MH4ではラギア一式が覚醒に加えて集中・弱点特効と弓には嬉しいスキルが付いてくるので
覚醒の発動自体はそれほど難しくない。
これとお守りを合わせれば強撃ビン追加+αも可能になる。
ただし、折角の状態異常ビン全対応を活かすために状態異常弱化には注意すること。

•現状、この武器の評価は「スペックは高いけど使いにくい弓」程度に留まっている。
説明文の示す通り、英雄と謳われる弓使いが持ったときにこそ、その真価が発揮される……のかもしれない。

スキルは 覚醒 攻撃up【中】 強撃ビン追加 集中 弱点特効 です。
弾強化の代わりに火力を底上げし、強走薬(G)を飲んで溜め3と4を主体に運用!
って感じで幾度か使ってみましたが、趣味の範囲でした…。

そこで
ヨイチラギア見た目
ヨイチラギア
というのも組んでみました。 うん。空きスロw

SNAKE IT PARADISE ①

モンハン4G公式サイトOPムービーが公開されましたね!
2ndGOPの武具や防具をつくっている様子が凄く好きでしたが罠や強撃ビンの調合(?)の様子もいいですね!
双剣にドハマり中なので、コンガ一式ハンターかぁっくぃ~!!

さて、お待ちかね(?)の4のラスボス、ダラ・アマデュラの武器特集です!
詳しい説明などはまたもやモンハン大辞典から抜粋、改変しております。

この記事では大剣から狩猟笛までを書いていきます。

武器全体の特徴
•最終強化したアマデュラ武器は上位トップクラスの攻撃力と2~3のスロット、
(一部を除き覚醒で)麻痺か爆破属性を帯びるのが特徴。
一方で会心率は-10~-20%、斬れ味も多くが青止まり、良くて匠で若干の白が現れるだけとなる。
◦攻撃力が非常に高いため、 多くの武器は青ゲージ補正+マイナス会心込みでも
カテゴリ中最高の物理期待値を誇っている。

◦また、操虫棍とヘビィボウガンは安定した高性能を誇っており、
最終武器の一つとして運用するハンターが非常に多い。
地味に入手難易度の高い尾殻を多く要求されるなど制作難易度は高めだが、
生産する価値は十二分にあるので、頑張って素材をかき集めよう。

•麻痺属性は舌攻撃に麻痺効果があるからだと推察できるが、
ダラ・アマデュラは爆破やられを伴う攻撃は一切使用してこない。
もしかすると爆破属性については、凶星の落ちてくるときの爆発から来ているのかもしれない。
•防御力のボーナスがつく武器が多いのも特徴であり、
モノによっては+40と最高性能の下位防具すら上回る凄まじい防御力が付加される。
今作では闘技場にて裸でイビルジョーを2頭同時に狩猟するクエストがあるため、
ここでは大いに活躍してくれることだろう。

☆大剣鎧袖一触に断つダイト(がいしゅういっしょくにたつダイト)
ダイト
•鎧袖一触(がいしゅういっしょく)とは、簡単に敵を打ち負かすこと。
鎧の袖で触れただけで敵が倒れることを例えた四字熟語である。
全身が剣鱗に覆われた蛇王龍らしい言葉だが、武器の性能を表していると解釈するとちょっと大げさか。
•「ダイト」は、おそらくアーサー王伝説にて語られる「アロンダイト」が元ネタ。
伝承では円卓の騎士ランスロットの剣であるとされており、
火竜を打ち倒すのに用いられた聖剣とも、戦友の弟を斬り殺した魔剣とも伝えられている。
また、あのエクスカリバーと打ち合って折れなかったという逸話も残っており、
このことから"決して折れない(刃毀れしない)剣"というイメージも強い。
◦ダイトは上述の通り高い戦闘継続能力を持っており、ここからアロンダイトがモチーフとなった可能性もある。

•MH4Gの公式サイトの大剣の紹介ページで、この大振りな剣鱗の欠片の系統と思われる武器が掲載されている。
G級武器へ進化を遂げたこの武器の性能が期待される。

◦全大剣中でも上位に入る攻撃力1008
◦やや足を引っ張る会心率-10%、覚醒により出現する麻痺240、匠で超長い青ゲージ
◦アマデュラ武器のメリットの一つでもあるスロット2そして防御+25
ご覧の通り、かなり高い攻撃力を武器に戦う大剣であるが、
大剣の生命線とも言える斬れ味がワンランク下なのが辛い。
が、それでも白ゲージ相当にすると会心込みで約893相当である。

•と、これだけなら逆にヒットストップの出にくいこの武器の方が使いやすいんじゃないか…?
と思われていたが、次々にライバルが出現する。
◦まず今作の大剣2強、クラッグクリフとミラブレイド。
クラッグクリフの記事が詳しいが、計算上瞬間火力は僅差でミラブレイドに負けてしまう。
しかしいずれも最大火力を出せる斬れ味ゲージ自体は短い。継戦能力ならこちらの圧勝である。
この2振りには青ゲージの長さを活かした継戦能力で差別化出来るだろう。

◾但し大剣の特性上、継戦能力はミラブレイド位あれば充分なのが少々痛い。
また、継戦能力で行くとTHEアポカリプスと衝大剣【赤威】に引っ掛かる。
THEアポカリプスは斬れ味ゲージが白60と、ダイトの青60と変わらないことから、
斬れ味補正の差によって最終的な物理ダメージはほぼ同値となり、
爪・護符所持状態だとアポカリプスがダイトを上回ってしまう。

衝大剣【赤威】は素で長い青ゲージとスロット2を持ち合わせ、期待値もダイトを上回る。
これらに対しては、ダイト固有の防御能力で差別化を図りたいところである。
•上の4振りを振り切りたいなら、やはり覚醒が視野に入ってくる。
斬れ味ゲージの長さと麻痺を活かしていくのだ。
◦状態異常大剣としてまず候補に上がるのが薙ぎ払い⇔斬り上げのデンプシー戦法。
麻痺値もそこそこあり、ヒットストップが出にくいので白ゲージ武器より若干手数が増える。
モンスターが麻痺したら今作で追加されたフルコンボをお見舞いしてやろう。
ただし斬り上げがどうしてもPTの邪魔になるため、これはほぼソロ専用といえる。
どうしてもPTでこの戦法を使うなら、斬り上げを抜いたコンボを使うのが望ましい。

◦もう1つ考えられるのが餅つき。こちらはPTでの運用となる。
敢えて硬い部位にガキンガキンと打ち込み、手数を増やして麻痺を誘発させるのだ。
この場合、斬れ味の悪さが活きてくる。
青ゲージなら弾かれる部位も比較的多く、元の威力が威力なので青ゲージ武器の中では威力はぶっちぎり。
つまり、白ゲージで弾かれず青ゲージから弾かれる部位に限り、
餅つきによる手数を活かしてダメージ効率を一番伸ばせるのがダイトになるのである。
ただし、硬い部位を狙う時点で根本的なダメージ効率が悪く、
また弾かれた隙に攻撃を受けてしまう危険も否めない。

•この様に、完全に差別化したいなら抜刀状態での戦闘を余儀なくされるというかなり独特な大剣である。
普通の運用も抜刀運用も可能という稀有な特性を持つものの、どちらの運用でも中途半端となってしまう。
扱いが難しくラスボスの武器らしい豪快な性能とは言えないかもしれないが、
ラスボスを倒すだけでなく、その素材から作られたこの武器を一人前に扱えるようになれれば、
名実共に名大剣使いとして認められるだろう。そういう意味ではラスボスの武器らしいといえばらしいか。
◦ちなみに大剣テンプレを使う意味の無い大剣なので、4本角に飽きた大剣使いは担いでみると良いかもしれない。

スキルは衝大剣の流用です。見た目が物凄いインパクトなので使ってみたいですが…。

威武堂々に薙ぐジゲン(いぶどうどうになぐジゲン)
ジゲン(納刀)
•威武堂々(いぶどうどう)とは、威厳があって立派なさまを表す四字熟語である。
「威武堂々に薙ぐ」で、威厳強く堂々と切り裂く様子を表しているのだろう。
確かに属性や斬れ味に頼らず、攻撃力のみで正々堂々と勝負しているように感じられなくもない。
しかし覚醒させるとブシドーに反するという麻痺属性が出てきたりするが…
◦読み方が似ているが、「威風堂々(いふうどうどう)」ではない。
•「ジゲン」の由来は「二の太刀いらず」で有名な薩摩の示現流か。
◦本来「二の太刀いらず」とは、「一度目の斬り付けを疑わず、二度目の攻撃はないものと思え」という考えだが、
この武器の場合「この太刀さえあれば他の太刀(二の太刀)は不要」という考えにもとれる。
飛びぬけて強武器とは言えないものの、何かと便利なスロット3つや、
無属性武器として運用する上では十分と言える優秀な攻撃力、
守りに関しても抜かりがない優秀な防御力ボーナスといった面もあり、
確かに並の相手ならこの太刀1つでどうにかなるくらいの高い汎用性を表しているように思えなくもない。

◦最終強化太刀の中では2位をマーク、攻撃力693、マイナス会心率15%、防御力+25。
◦スロットが3つ空いているため、拡張性がかなり高い。
◦覚醒で麻痺属性140で匠を発動させても青止まり。

•典型的なアマデュラ武器といえよう。
青止まりとはいえ素の攻撃力が非常に高く、会心率や斬れ味補正で白ゲージ太刀にも勝る。
幸い素の青もかなり長いため、匠を外して運用するのが賢い使い方か。
また、麻痺太刀としてみると属性値が低く、覚醒の手間を考えれば、
パラコイルドサーベルに任せた方が安心。
とはいえ相手にもよるが、一回麻痺らせられる程度の属性値はあり、
成功すれば麻痺したところに大回転斬りを当てやすくなるため、間接的な火力向上にもつながる。
スキル自由度の高い武器なので余裕ができたら覚醒させるのも一興だろう。
なお、匠を発動させて戦えない裸クエストでは、前述の防御力ボーナスもあって頼りになる一振りである。
◦無属性太刀として使うなら、覇刀タンネカムトルムや業刀ダインスレイヴがライバルとなる。
覇刀タンネカムトルムは瞬間火力こそトップタイだが、匠が必須の上青ゲージも短い。
業刀ダインスレイヴは青ゲージでもジゲンを上回る火力を持ち、匠で白ゲージを得る。
ただしどちらも匠無しでは心許なく、匠の必要性が薄いこの武器はスキルの自由度が高く、
攻撃力UP【超】などのスキルで火力を底上げしたり、
心眼で弾かれを無効化したりなど、スキル構成で差をつける事が可能である。そのための3スロなのだろう。
◦また、イベントクエストにて新たなライバル、海賊狩りの魂が登場。
クエストの難易度は非常に高いが、素でジゲンの青より長い白ゲージ、会心率60%を持ち、期待値はほぼ同等。
高会心率ゆえに攻撃力UPと相性が良く、おまけにスロットも同数の3。
差をつけられるとすれば、防御力補正と、斬れ味で劣る分ヒットストップがかかりにくいことか。
更に言えば、覚醒させた時の属性もこちらの方が期待できるだろう。

•製作難易度は高いが、アマデュラ武器の中では比較的楽な部類である。
天剣の龍玉は他の武器群の最終強化でも使われるため仕方ないが。

スキルは 覚醒 斬れ味1 耳栓 見切り1 5スロ空きです。
ジゲン

☆片手剣二律背反の矛盾カイト(にりつはいはんのほこたてカイト)
カイト(納刀)
•「カイト」の由来は、凧(カイト)のような逆三角形をした盾「カイト・シールド」からだろうか。
•「二律背反」は矛盾やパラドックスのことであり、哲学の言葉でアンチノミーと言う。
この武器の名称では直後に矛盾も付いているが、意味的にはパラドックスの意味は無く
単純に「盾と矛」を表していると考えられる。
しかし、「矛盾」をランスではなく片手剣に充てるとは何とも渋いチョイスである。

•物理攻撃力が高くても250~280辺りがせいぜいのMH4片手剣界隈において、
二律背反の矛盾カイトは336(武器倍率240)と、片手剣では最高の数値を誇る。
更に防御力+20のボーナスがつき、斬れ味は素で青、スロット2、覚醒で麻痺属性がつく等、悪くない性能。
ただし、匠でも白が出ないことと、会心率-20%が足を引っ張る。
そのため期待値込みで修正すると228。
属性値は120とかなり低いが、手数を考慮すれば実用範囲内。
相手にもよるが一度麻痺らせることはできるので、スキルに余裕ができたら発動させるのもアリ。

•麻痺片手剣として見ると、アジタル・ハーカス、パラスパイクサークルがライバルとなる。
前者はカイトの2倍程の属性値、長めの青ゲージにスロ2、攻撃力も及第点と使い勝手が良く、
後者は属性値ではあまり変わらないが、状態異常武器としては高めの攻撃力を持つ。
カイトは覚醒必須なためスキルの負担が重いが、物理攻撃力ではぶっちぎりなので上手く棲み分けはできている。

•無属性で運用すると、他の高攻撃力を誇る片手剣の存在が気になるところ。
属性を問わなければ、具体的には豪剣アグニ、黒龍剣、衝剣【虎嘯】の3本である。
数値上はアグニの294(倍率210)が一番だが、斬れ味が非実用的、かつ会心率-25%。
一方、黒龍剣は280(倍率200)に会心率0%だが、唯一の紫ゲージ持ちでもある。
衝剣【虎嘯】は攻撃力こそ280(倍率200)に会心率10%と控えめで匠でも青ゲージだが、
素の青ゲージがカイトの倍である80と非常に長く、匠・業物・砥石高速等を切り火力につぎ込める。
そこで、斬れ味・会心補正値込みで両者を計算すると…

二律背反の矛盾カイト:240x(1+0.25x(-20)/100)x1.2=273.6
黒龍剣:200x1.45=290
衝剣【虎嘯】:200x(1+0.25x(10/100))x1.2=246

•斬れ味・会心率の面で劣っていながら、黒龍剣との差は僅か16.4しかない。
また、黒龍剣の物理火力は斬れ味レベル+1があって初めて成立するものであり、
青止まりのカイトは業物で代用することにより一定のコストダウンが可能。
さらに、両者とも斬れ味レベル+1を適用した場合、斬れ味の持ちはカイトの方が圧倒的に上であり、
手数重視の片手剣ではこの点も見逃せない。
衝剣【虎嘯】は他と比べ火力は低いが、素の青が長く匠や業物を切ることができることから
他二振りと異なる部類に入るといっていい。
以上の事より、二律背反の矛盾カイトはMH4最強の無属性片手剣といっても過言ではない。
•ただし、本来の性能を発揮するにはここから更に見切り+3、あるいは挑戦者+2で
マイナス会心を打ち消さなければならず、スキルの自由度が狭まるという無視できない欠点がある。
扱いこなすには負担が重いことを覚悟しておこう。
見切り+3でマイナス会心を打ち消すことで、武器倍率の240がそのまま期待値となる。
◦ちなみに、斬れ味レベル+1・見切り+3・挑戦者+2の同時発動はかなり難しい(見切り+2なら何とかなる)。
仮に全て発動した場合、モンスター怒り時は会心率20%、期待値にして278.25となる。
これだけでも片手剣として相当の倍率だが、更に狂撃化の+15%ボーナスを加えると
合計会心率は35%、期待値288.1875(斬れ味補正で345.825)と、本作の片手剣最高峰の値に化ける。
◦なお、マイナス会心を気にしないのであれば
同じSP20でも攻撃力UP【大】を発動させた方が期待値は高くなる。
その場合は武器倍率260、会心-20%となり、期待値は247。
ここに挑戦者+2を追加すると会心0%となるため武器倍率=期待値は285にまで跳ね上がり、
上記と同様狂撃化も加えた場合の期待値は295.6875(斬れ味補正で354.825)となる。
また、攻撃力UPならば真打で代用が効くため、挑戦者+2との両立が非常に楽になるのも大きなポイント。
◦とはいえ、前述の通りマイナス会心込みで片手剣第2位の物理期待値を持っているので、 別にそこまで神経質になる必要もないだろう。

•例によって作成難易度は非常に高い。
部位破壊限定の蛇王龍の扇刃を生産・強化で合計8個、次いで蛇王龍の尾殻を生産に3個も使うのである。
トドメは強化時に要求される天剣の龍玉。
扇刃のために最低8回も戦うことを考慮すると、8回目になっても出なかったら泣けてくること請け合い。

スキルは覚醒 回避1 ガ強 斬れ味1 5スロ空き です。
上記の様に覚醒させずに火力盛りしたら片手のアイデンティティーがなくなる気がしましたが、どうなんざんしょ。
カイト

☆双剣森羅万象を裂くグルカ(しんらばんしょうをさくグルカ)
グルカ
•グルカの由来は、ネパールの山岳民族で構成された兵「グルカ兵」と
彼らが使用する「く」の字型のナイフ「グルカナイフ」からだと思われる。
このグルカナイフは別名「ククリ」とも言い、どちらかというと片手剣で馴染みが深いだろう。
•説明文にある「寧日」とは「穏やかで無事な一日」という意味。
大災害に匹敵する蛇王龍を倒した英雄に送られる言葉としてはとてもしっくりくる言葉である。
素材欲しさに血眼で連戦するハンターにはこの上なく無縁な言葉でもあるが。
•森羅万象(しんらばんしょう)は、「あらゆる現象、宇宙に存在する一切のもの」を表す。
これを切り裂くのだから、とんでもない斬れ味である。実際は紫どころか白すら出ない?さぁ…
まあ、斬れ味青で鋼を凌駕したと謳う武器もあるし、これに限った事でもないのだが。

•グルカの性能は、アカム双剣と同値の攻撃力322、防御力+40、安定の3スロを兼ね備える。
一応覚醒で麻痺80も発動するが、無視してもよい数値だろう。
◦一方でアマデュラ武器の宿命か、会心率は-15%、斬れ味も匠で延長しても青ゲージ止まりとなる。

•マイナス会心に青ゲージと、一見するとパッとしない性能に思えるが、
素の攻撃力が異常に高いため実際の物理期待値は白ゲージ武器を差し置いて全生産双剣中最高である。
また斬れ味も、質こそよろしくないものの素で十分な長さを持っており、匠で延長することも可能。
この凄まじい攻撃能力に3スロと高めの防御ボーナスまで付いてくる訳であり、
ラスボス武器の名に恥じないスペックを持っていると言えよう。
◦斬れ味が悪いとは言ったが、クエストランクが上位までの本作では弾かれまくって困るという程でもなく、
相手によってはヒットストップが小さいがために逆に使いやすいことすらある。

◦しかしやはり無属性武器という点が足を引っ張り、
単体クエストでは他の属性特化武器の方が効率が良い場合も少なくない。
モンスターの弱点属性がばらけている2頭クエストや大連続狩猟クエストでならばそれなりの活躍が見込めるだろう。
◦一応、覚醒しての運用も視野に入らないでもない。
80という属性値は低く感じるが、双剣の手数だと想像以上に麻痺は入る。
しかし麻痺双剣には他に祭囃子・叫雹ノ調という強敵がいる
(ゆえにこの武器の強みは覚醒を捨てての火力特化装備という意見も多い)ことや
そもそもMH4で麻痺の価値と双剣の強さが揺らいできていることもあり、未だ結論は出ていない。

•生産にはこれといった激レア素材は使わないが、
強化の際に部位破壊限定素材である尾殻と扇刃を4つずつ使うため、最低でも4回はクエストをクリアする必要がある。

写真のスキルは 覚醒 耳栓 回避1 斬れ味1 5スロ空き で組んでいますが、
最近「覚醒+斬れ味1」をメインに色々スキルを組み合わせているので結構気に入ってます。
説明にもありますが、属性値が低いですが手数が多いので早めに麻痺状態にできます。
グルカ(鬼人)

☆ハンマー七難八苦を砕くラグナ(しちなんはっくをくだくラグナ)
ラグナ(納刀)
•「ラグナ」の由来は北欧神話の世界における終末の日、「ラグナロク(Ragnarök)」のことか。
「神々の運命」あるいは「神々の黄昏」と訳され、神々の戦いのほか究極の破壊を表すともされる。
◦ただしラグナロクが由来となるとややこしい事態が発生する。
同じハンマー武器で、既に「ラグナロク」という名称が使われているのだ。

◦余談であるが、ラグナロクが語られる北欧神話には
人間界を囲い込むほどの巨体を誇る大蛇:ヨルムンガンド(ミドガルズオルム)が登場する。
神話では通った大地を削り崩し身体をうねらせ津波を起こすなど途方も無い被害を出しており、
どことなくダラ・アマデュラを思わせる。
◦また、ヨルムンガンドを倒した(実際には刺し違える形で共倒れであったが)神である
雷神トールの武器もミョルニルというハンマーである。
この辺もハンマーでラグナロクという名前をチョイスした理由かもしれない。
•かつてイランで崇拝されていた神に「ウルスラグナ」があり、名前が「障害を打ち破る者」を表す点から
この神もモチーフの一端であるのかもしれない。
◦この神はインド神話における雷神インドラに対応し、インドラは「障害」を意味する悪龍ヴリトラを倒した事から
「障害を打ち破るもの」ヴリトラハンの別名を持っていた。
•七難八苦(しちなんはっく)とは、仏教用語の七難(流行病・外国の侵略・内乱・風水害・火災・霜害・日月食など)と
生死老病の根本四苦、愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五蘊盛苦の八苦から。
なお、八苦の「苦」は「肉体的な痛み・苦しみ」ではなく「思うようにならない苦しみ」のことである。
困難な状況、思うようにならない運命をも打ち砕くほどの力を示していると思われる。
•トップクラスの攻撃力にマイナス会心、そして防御ボーナスを持ち、
匠で斬れ味が2段階上がり、さらには覚醒で爆破属性を帯びるハンマー…と、
前作のアイツを彷彿とさせる要素がてんこ盛りである。
◦回転ギミックが付いており、先端と持ち手近くの小さな円盤が常時回転している他、
抜刀すると巨大な2枚の円盤も回転し始める。

•攻撃力は発掘武器を除きナンバー1の1196。
会心率-15%があるものの、防御力+30やスロットを2つ兼ね備え、
また覚醒で爆破属性230を得るなど、一見すると器用に見える。
•しかしながら、アマデュラ武器の宿命か斬れ味は優秀とは言い難く、
匠なしでは緑、匠ありでも短い青と極短い白が出現するのみ。
白ゲージが出現するのが救いだが、業物や砥石高速化を以ってしても、斬れ味を保つのには苦労するだろう。
ハンマーはそれほど手数が多くないのが救いか。
◦だが青ゲージと侮るなかれ。元の攻撃力が異常に高いので、
青ゲージ補正で、さらにはマイナス会心込みでも全ハンマー最高の物理期待値となる。
さらに前述の通り僅かながら白ゲージを持っているので、斬れ味白時はさらなる補正を得られる訳で…。
青をメインに戦うことになるので弾かれやすさに関してはどうしようもないが、
この攻撃力の高さは流石はラスボス武器といったところか。
ハンマーはどちらかというと属性値よりも物理性能が重要である上、
丁度いいことに高レベルギルドクエストへ行くためにはダラ・アマデュラを倒す必要があるので、
初めて高レベルにハンマーで挑むのならおあつらえ向きなのも長所である。

•覚醒させる場合は実質スロ2+αを失うことになるため、見た目ほど小回りが利かなくなる。
爆破属性230はそれなりに強力であるが、火力UPに回せるスキル枠を潰してまで採用するかは悩み所。
運用する場合は、覚醒で発現する爆破属性を軸にするか、単純に無属性武器として勝負するか
どちらかに絞りたいところである。
◦なお、前述の通り物理性能がかなりブッ飛んでいるため、
下手に爆破属性を付けるよりはスキル構成で火力を突き詰めた方がダメージ効率は良いと思われる。
もちろん部位破壊狙いだとか、「覚醒はロマンだ!希少価値だ!」とかいう人は
爆破と打撃力を両立させた構成でも全く問題ない。

•これだけ高い性能を持つだけあって、製作難易度もかなり高い。
まず、初期の渦巻く骨の塊槌の生産には、
尻尾の切断が主な入手方法である素材「蛇王龍の尾殻」が4つも必要となる。
当然ながらハンマーで尻尾の切断は無理であるため、破壊が面倒な下半身や下半身突起を砕くしかない。
七難八苦を砕くラグナへの強化には、レア素材である「天剣の龍玉」も必要となる。
•なお、「渦巻く骨の~」という名称から、「渦巻骨」を大量に使いそうであるが、実は生産に渦巻骨は一つも用いない。
ラグナへの強化には渦巻骨を用いるが、それでも6つとそれほど多いわけではない。

スキルは 覚醒 見切り1 耳栓 斬れ味1 5スロ空きです。
ラグナ

☆狩猟笛有頂天外に響くムジカ(うちょうてんがいにひびくムジカ)
ムジカ(納刀)
•「ムジカ」の由来はラテン語で『音楽』を意味する『Música』だと思われる。
•有頂天外とは、有頂天のさらに上の状態を表す熟語である。
仏教用語で有頂天は三界の最上位の天を表し、この「外」なので「天高くまで響く」といった意味合いだろうか。
•闘技大会の鎧竜と黒鎧竜討伐の狩猟笛部門に有頂天外に響くムジカが抜擢されている。
どちらも発見時に咆哮【大】を使うが、どの装備にも高級耳栓が発動するものがないので、
聴覚保護【大】を吹けるこれは何かと喜ばれる。
また、笛吹き名人が発動するのも大きい。

•毎度お馴染みの『笛に見えないデザインの狩猟笛』であり、
下部が半球のように膨らんだシルエットは、シタールなどのアジア系弦楽器に近い。
音色も見た目から想像できる通り、どことなく物悲しく雅な感じ。

•強化形態である有頂天外に響くムジカは
MHP3で最強の狩猟笛として猛威を振るった覇笛ハウカムトルムをも上回る武器倍率と
匠で現れる長めの白ゲージを併せ持っており、殴り性能が極めて高い。
会心率こそはやや低めだが、切れ味補正を考慮した物理期待値は
上記のハウカムトルムを抑えてMH4の生産狩猟笛の中で最も高くなる。
アマデュラ武器の例に漏れずスロットが3つ空いており、拡張性も高く、防御力30と至れり尽くせりである。
この性能を超える発掘武器はなかなか存在しないため、HR解放後もお世話になるだろう。
•旋律効果は会心率UPに聴覚保護【大】と可も無く不可も無くと言った所。
サポート能力が決して低い訳ではないが、
『PT火力の底上げ』という観点から見ると攻撃小が吹けるハウカムトルムに一歩譲る形になる。
ただし継戦能力が高く旋律の維持も簡単であり、また自身のマイナス会心を埋めるのにも丁度いいので、
どちらかというとPTよりソロで真価を発揮する笛である。
•一応覚醒で麻痺属性が現れるが、120という非常に低い値な上に、
今作の麻痺笛枠には強力なライバルがいる為、わざわざ発動させる意味は薄い。

•同僚である渾然一体の薙刀ヤマタほどではないが、この武器もかなり作成難度が高い部類に入る。
というのも、戦曲器からムジカへの強化の際に、
切断属性でないと破壊することが出来ない(=狩猟笛では破壊困難な)アマデュラの尻尾からの
剥ぎ取り以外にほぼ入手方法のない蛇王龍の尾殻を6つも要求されるからである。
一応、下半身突起の部位破壊でも入手可能ではあるが確率は低い。
◦下半身の部位破壊でも入手可能だがこちらは破壊自体が面倒である。
◦一応HR100で開放される強化アマデュラのクエストの基本報酬として尾殻が出るといえば出るのだが、
あちらは素材以前にクリアすること自体が困難なので、効率が良いとは言いがたいのが現状。

スキルは 覚醒 笛吹き 回避1 斬れ味1 スタミナ奪取 です。
音色はシタールで、カレーが食べたくなりますw
ガブラス頭装備で特撮に出てきそうな蛇怪人の様な仕上がりにしてみました。
旋律効果が残念ですが、見た目が好きでごくたまに使っています。
ムジカ

ランス以降は次回に!

Fragments Of Time

さて、こちらは最近の狩り記事です。
ダラ武器(ry

野良ギルクエなどのオンラインはもう殆どしなくなり
最近は平日は最少金冠集めと、生産武器作り、休日は子供と、
週末はフレさんとまったりプレイ~と言う感じです。

鱗雲
仕事前の空、鱗雲がキレイだったので思わず。



エアトスさんと2
エアトスさんとティガ希少種狩ったり…

ジャスミンさんと
ジャスミンさんにオトモ頂いたり…

ジャスミンさんとエアトスさんと
「どんどんどん、鈍~器~♪鈍器、掘って~♪」とジャスミンさん所持のギルゴア寄生したり…
(ジャスミンさん、お宝リセありがとうございました!)
ジャスミンさん、エアトスさん、闘技大会ド下手にお付き合いありがとうございました!

殿下とジャスミンさんと
殿下さんとジャスミンさんと明け方集まってチャットしたり…

いつも楽しい時間をありがとうございます。
4G発売ギリまでフレさんと遊びたいお!


さて、うちの息子はやっと操虫棍ヤマタを作り、
団長クエをクリアし、「乗り名人」のお守りをゲットしました。
そんな息子とのプレイを少し紹介。
ゼルダアカム
ゼルダアカム2
素材集めが一致したゼルダアカムに行きました。
彼はこれで「マスターカウボーイ」の勲章をゲット!
因みにスキルは
自分 ヘビィ 王牙砲【震雷】 攻撃【大】 火耐性【小】 最大数生産 貫通弾UP 回避距離UP
息子 操虫棍 ヤマタ 真打 業物 乗り名人
息子が乗りダウンをとり、自分はしゃがみ射ち~、と言う感じです。
斬裂弾で尻尾を切って貫通連発ですw

女王達よ
彼の未クリアクエを消化する事に。
3度の失敗を経てクリア!
王者達よ
こちらは1発でクリア!
後は裸ジョー2頭クエが残っています…。


そして最近の装備を少し~
覚醒挑戦者 見た目
覚醒挑戦者 スキル
武器スロひとつで発動できる覚醒用装備。
見た目もいい感じです。お守りは匠3スロ3です。

真打 挑戦者
前回のお題ゴアに使用したもの。
真打 挑戦者+2 砥石使用高速化 を武器スロなしで。
お守りは研ぎ師8スロ3です。

ミヅハカスタム
上記の、女王と王者に使用したもの。
風圧【大】無効 高級耳栓 回避性能+1 斬れ味レベル+1 を武器スロなしで。
お守りは匠4回避5です。 武器は獄双刃リュウソウを使用しました。
高級耳栓を耳栓にして、砥石使用高速化などの5スロスキルに変更可能です。

ラギア一式
こちらはナルガ大剣 暗夜剣【宵闇】を運用したくて組みましたラギア一式です。
2スロ以上の覚醒素白なら転用可能かと思います。
スキルは 集中 業物 弱点特効 抜刀術【技】 覚醒
抜刀術【技】を珠で組んでいるので回避やスタ急に変更して双剣での運用も可能です。

今、ホントに生産武器作りが楽しくて(3Gの時からそうですが)
今回は発掘に頼るばかりで全然作っていませんでした。
最小金冠はなかなか出ずストレス溜まるので、いい発散になっています。

ほな(^_^)/

Lose Yourself To Hunt


ダラ武器記事は少々お待ちいただいて…(誰も待ってないとか言うなw)

3G時代からのオンフレさん、ch!!!c05さん(当ブログでは殿下さん)
のブログ(ピンコツのリー前途多難)で展開されているお題に挑戦してみました。

Jエッジ
Jエッジタイム
大海賊Jエッジ
挑戦者+2 砥石使用高速化 斬れ味レベル+1 覚醒
タイム 16分02秒20
ギガントP
ギガントP タイム
ギガントピストル
スキル同上 タイム14分04秒23
海賊狩りの魂
海賊狩りの魂
スキル同上 タイム15分11秒20
ゲキリュウ タイム
ゲキリュウノツガイ
挑戦者+2 真打 砥石使用高速化 攻撃力DOWN【小】
タイム 12分29秒70
メルト
メルト タイム
メルトブレイヴァー
スキル同上 タイム13分56秒80
黒カブト
黒カブト タイム
黒カブト
火属性攻撃強化+3 通常弾・連射矢UP 集中 弱点特効
タイム 10分31秒90

猫飯は剣士は防御術【大】弓は暴れ射ち、です。

他の方に比べたらスキルの割にクリア時間が遅く落ち込みましたが、
とりあえずクリア目的で頑張りました!
ペイントしてもマップがないとわからない…。
ギルクエは一方通行なので久々の通常マップに苦戦しました。
あと通勤中(帰りの電車内)にやってたので写真がブレたり、撮れなかったりしてます。
前回あたりからデジカメ撮影してるので、傍目から見たらだいぶ怪しいです(T_T)

最小金冠がまだ出ていないので色々な武器とスキルで気が向いたら行ってみますw
行ってみたらまた追加しまっす。
プロフィール

lucy7

Author:lucy7
いらっしゃいませ♪ヽ(´▽`)/

3Gが初モンハン!!ドハマリしました。
またまだヘタクソなんで日々精進です。
勲章コンプできました。
4でオンラインしてます(*´∇`*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。