スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SNAKE IT PARADISE ②

ダラ武器記事第2弾!! ランスから行ってみまそ~

☆ランス確乎不抜の不壊イジス(かっこふばつのふえイジス)
イジス(納刀)
•生産難易度はそれほど高くもないのだが、強化になると一変。
レア素材として悪名高い凶星の破片を4つも使用する。一体どこに使用するのだろうか…?

•「イジス」の由来はギリシア神話の女神アテナが所持したとされる防具「アイギス」の英語読み「イージス」か。
メドゥーサの首がはめこまれているとも言われており、何気にネタ元でも蛇とも因縁がある。
•「確乎不抜(かっこふばつ)」とは、意志がしっかりしていて動揺しないさまを表す四字熟語である。
確乎不抜に不壊を重ねてとにかく崩れない、壊れないまさに「鉄壁の守護」を表しているのだろう。

•攻撃力529とアマデュラ武器恒例の高さだが、他の長所だったスロットは2、防御力は+20とやや控えめ。
それなりの青ゲージを持つが匠でも白は現れず、-20%のマイナス会心は他の武器種並。
覚醒により麻痺属性120を得るが、麻痺槍枠はパラスピンクロウラーと
チャルク・ムラーカという二大巨頭が存在する為、
覚醒が必要というハンデを持つイジスには介入する隙はなく、
素直に物理メインで使用することになるだろう。
•ここで他の高攻撃力槍である角槍ディアブロスや衝槍【虎穴】・大鬼槍ラージャンと比較すると、
◦角槍ディアブロスは攻撃力529、会心率-10%にスロ1、
匠で微小ながらも白出現といった性能となっており、物理期待値は全生産ランス中最高。
しかし匠無しでは緑止まり、匠で出現する青と白もそれぞれ10ずつと非常に短い。
◦衝槍【虎穴】は攻撃力483、会心率15%に素で長い青ゲージを持つ。
スロットは空いていないが、会心込みでのイジスとの期待値の差は僅か0.75。
ちなみに会心率の都合上、爪・護符を所持していると立場が逆転してしまう。
◦大鬼槍ラージャンは攻撃力506、会心率0%にスロ1、匠必須の青50を持つが、
雷属性値が付与されているため、期待値では実質無属性のイジスを凌駕する。
そのため、防御力ボーナスとスキル自由度のイジス、持続力の衝槍【虎穴】、
瞬間火力の角槍ディアブロス、総合能力の大鬼槍ラージャンと一応の差別化はなされている。
•なお、イジスはスロットこそ2つあるが、業物がほぼ必須という仕様上、
スキルの自由度では業物要らずの衝槍【虎穴】に敗北する。
業物を発動させる際のスロット消費は匠発動時のそれよりも遥かに軽いため、
余ったスロットを他スキルに動員できる点で大鬼槍ラージャンとはどっこいか。
護符・爪を所持している場合の前者とは防御力ボーナスで、
後者とはスキル自由度で差別化していくことになるだろう。

スキルは 覚醒 斬れ味1 ガ強 回避3 です。
ガードランサーはできない(回避ランサーも微妙…。)ので回避で。
イジス(抜刀)

☆ガンランス震天動地に崩すグング(しんてんどうちにくずすグング)
グング(納刀)
•「グング」の由来は北欧神話の主神オーディンが所有したとされる伝説の槍「グングニル」か。
一発必中、如何なるものでも貫き通す強力な武器であり、また掲げた者には必勝を確約するとされる。
•「震天動地」は、天地を振い動かす出来事を表す熟語である。
ダラ・アマデュラはただ動くだけで千剣山を崩壊させる力を持っているため、的を射たネーミングと言えよう。

•生産条件がとんでもなく鬼畜。
ランダムで落下する隕石から採掘しなければ入手できないレア素材の凶星の破片をなんと3つも使用する。
強化でも天剣の龍玉を1つ使用するが、大半は凶星の破片を集める間に入手してしまうと思われる。
逆まく凶星の銃槍という名は伊達じゃないという事だろう。
◦また、地味にフルクライト鉱石を10個も要求される。
破片集めの際のハズレも無駄にならないようにという配慮だろうか?

•なお、ガンランスとしては珍しく中折れ機構を採用していないので、
納刀状態だとにょっきりとした銃身が天高く突き上げる形になる。

•アマデュラ武器のテンプレ通り、高攻撃力460、スロット3、覚醒爆破250、防御力+20。
グングに強化すると砲撃Lvは放射Lv4にまで上昇する。
ここまでなら有用に見えるが、素の状態では青ゲージがあまりに短く、
匠を発動しても青が伸びるのみで突き運用としては少々物足りなく、
砲撃運用にするには、今作の放射は異常に射程が短く使いづらい。
スペックの割りに使いづらい武器となってしまっている。
◦覚醒麻痺なら、動きを止めたところに竜撃砲を叩き込むといった運用が出来ただろうに。
グング(冷却)
スキルは 覚醒 斬れ味1 回避2 砲術王 です。
回避ガンサー難しい…。納刀がランスと同じ挙動です。
グング

☆スラッシュアックス抜山蓋世の乱刃ガゲキ(ばつざんがいせいのらんじんガゲキ)
ガゲキ斧
•剣斧の横に幾重もの刃を取り付けた、一太刀にするというより無数の刃で引き裂くような外見。
剣斧には珍しく厚みがあり、どちらかといえば無数の刃を生やした棍棒のようである。
斧モードでは瞳のような模様が刃の根元に配置され、ダラ・アマデュラの頭部を模したようなデザインとなる。

•ガゲキの由来は、三国志演義において呂布の愛用する武器「方天画戟」からと思われる。
つまり、この武器と同じである。
•抜山蓋世(ばつざんがいせい)は、「勢いが非常に強く、自信に満ち気力の雄大なさま」を表す。
楚漢戦争末期、項羽が四方から流れる楚国の歌を聞き、嘆く中で謳った詩を元にした有名な四字熟語である。
◦ただこの後、「時が味方しない。愛馬も走らない。馬が走らなければどうすることも出来ない。
虞美人(寵姫)よ、お前をどうしてやればいいのだ」…と敗勢で折れそうな心を詩の続きに吐露している。
この武器にもその内「時利あらず」と歌う日が来るのかもしれない…。
◦確かに史実では「俺はとても強いのに天に見放されたせいでこのザマだ」となってしまうが、
幸いにもそんな意味での引用はあまりされない。

•攻撃力972、会心-15%、爆破200、スロット3、防御力+20。ビンは強属性。
他のアマデュラ武器とは異なり覚醒無しで爆破属性を使えるのは嬉しい。
•最終強化形であるガゲキの性能は、
◦高めの攻撃力1080
◦やっぱり低い会心-10%
◦素の斬れ味は相変わらずの短い青
◦あって嬉しい防御力+25
◦柔軟なスキル構成が可能なスロット3
◦素で爆破240、強属性ビン
また、強化すると、アマデュラ武器らしからぬ強みがもうひとつ追加される。
僅か10ではあるものの、匠で斬れ味白ゲージが出現するのだ。
•攻撃力が高く肉質無視の爆破属性を持つこと、
そもそも部位破壊能力の高いスラッシュアックスであることから、
部位破壊を狙う上では非常に頼れるひと振りとなるだろう。
•また、弱体化されたがある程度汎用性がある爆破属性を持つ事、
拡張性があるスロ3を持つ事等から、THEエグゼキューターと並んで
今作の汎用剣斧として紹介される事が多い。
•爆破属性剣斧ということで、ライバルは爆砕の剣斧となる。
しかし、爆砕の剣斧は強撃ビン装填とは言え攻撃力が低く、
会心補正とビンの倍率が以前と同じだと仮定した場合、
爆砕は強撃ビン込みでも武器倍率192相当なのに対し、ガゲキは会心込みでも武器倍率195相当となる。
属性値に関しては爆砕は280とガゲキより40高いが、
ガゲキは強属性ビンであるため、剣モードなら300相当となり逆転する。
さらに爆砕の剣斧には無い防御ボーナスと3スロットも持ち合わせている上、
ネックである斬れ味も大した差は無い。
これらの点から、爆砕の剣斧に負けることはまずないだろう。

•その後ミラボレアス【紅龍】の解禁に伴い、もう1本の爆破剣斧、黒滅龍剣斧が姿を現した。
そちらは驚異の爆破属性値420を持ち、さらに強属性ビン装填という、徹底した属性特化仕様。
さらに斬れ味紫と会心10%も持ち合わせているものの、
素の攻撃力が810と低いために期待値は青ゲージガゲキにも負けていることから、
物理火力ならガゲキ、属性特化なら黒滅龍剣斧と差別化できている。

•しかし、これだけの性能を持つだけあり、制作難易度もかなり高い。
まず生産には前脚の部位破壊報酬およびセミレア素材となる「蛇王龍の鉤爪」が4つ、
そして背中の部位破壊報酬限定の「蛇王龍の扇刃」が1つ必要になる。
と、ここまではまだ序の口であり、ここからガゲキへの強化が大変。
強化には ◦「蛇王龍の扇刃」が追加で3つ。
◦尻尾の切断からの剥ぎ取りか下半身の部位破壊、
又は下半身突起の部位破壊でしか入手出来ない「蛇王龍の尾殻」が4つ。
◦頭部の部位破壊等で入手するセミレア素材の「蛇王龍の睨眼」が2つ。
◦とどめにダラ・アマデュラのレア素材である「天剣の龍玉」が1つ。
以上のように入手の難しい素材のオンパレードである。
それに見合った性能は持っているので、地道に頑張って連戦しよう。

スキルは 真打 業物 ボマー 5スロ空きです。
かなり汎用性が高くスラアクは使い慣れた武器なので逆に使ってないですw
(ダラ武器は覚醒させて如何に使うか!みたいなところがあったので…)
リべリオン胴体とマッチしているのでひょっこり担ぐかもしれませんが。
ガゲキ剣

☆操虫棍渾然一体の薙刀ヤマタ(こんぜんいったいのなぎなたヤマタ)
ヤマタ(納刀)
•「ヤマタ」は、おそらく日本神話に登場する八岐大蛇が元ネタ。
「蛇王龍」の別名と、大蛇のように長大な身体を持ち、
またMH世界でお伽噺として語られていたダラ・アマデュラにぴったりだろう。
•渾然一体(こんぜんいったい)は「幾つかのものが溶け合って一体となっている様」を表す四字熟語である。
高攻撃力・爆破属性・長い白ゲージと全体的に高スペックなこの武器を表しているのだろうか。
もしくは、元ネタであるヤマタノオロチが8つの頭、8本の尾を持つことから、
「8つの命が一体となった大蛇」というイメージで用いられた可能性もある。

•猟虫は切断型のクルドローン。
•武骨な直線形で薄紫色をしており、先端には幾つもの歪な黒刃が上向きに備わっている。
この刃は伸縮が可能で、納刀時や跳躍時には付け根に格納される。

◦全操虫棍中第2位の攻撃力620。
他の操虫棍が攻撃力500台前半~後半を彷徨う中、貫禄の600台である。
なお、第1位の攻撃力を持つ金砕棍ゴーデンライは会心率が-20%である上、
素で緑ゲージしか無く、匠で現れる白ゲージも短いことから、
後述の斬れ味等を加味すると、渾然一体の薙刀ヤマタが実質1位の物理火力を持つ。
◦素で白ゲージ10、斬れ味レベル+1でなんと白ゲージ60。
斬れ味レベル+1でも青ゲージが多いアマデュラ武器の中では最優秀、
それどころか全ての操虫棍の中で最も優れた斬れ味ゲージである。
現状この斬れ味に拮抗し得るのは、匠で若干ながら唯一の紫ゲージを得る黒龍棍【天命】のみ。
その黒龍棍も青以上の斬れ味ゲージが非常に短く戦闘継続能力に難がある上、
紫ゲージを以ってしても物理期待値でヤマタには勝てない。
というわけで、総合的な斬れ味の優秀さにおいてヤマタを脅かす棍は皆無である。

◦覚醒不要の爆破属性270。
弱体化したとはいえ、相変わらず汎用性が高く優秀な爆破属性を標準装備。
怒涛の連撃で攻める操虫棍との相性はかなり良く、圧倒的な物理火力を後押ししてくれる。
部位破壊が容易になるのもポイント。
◦まだまだ快進撃は続き、あろうことかこの攻撃力でマイナス会心無し。
ゴーデンライは最高の表示攻撃力を持ちながら短過ぎる白とマイナス会心の前に沈んだが、
このヤマタの物理火力を妨げるものは何もない。
もうこの時点でゴーデンライが不憫過ぎる超スペックである。
◦そしておまけのスロット1。スロ0のゴーデンライは泣いていい。
アマデュラ武器群の中ではスロット数が少なめだが、前述した通り文句無しの性能なので問題ないだろう。
ご覧の通り、正に破格と呼ぶに相応しい性能であり、
他のアマデュラ武器と比較すると「異質」とも言える特徴を持っている。
防御力ボーナスが付かないのが惜しいところだが、流石に防御力まで求めるのは贅沢すぎるだろう。
新武器であることに加え、発掘武器が存在しない操虫棍の中でも大健闘している部類に入り、
普通に他武器種の栄光の武器クラスと拮抗し得る、あるいはそれ以上のポテンシャルを誇る。
•上記の通り与ダメージ能力が高い水準で纏まっており、
また爆破属性により殆どのモンスターに安定した働きが出来る上に部位破壊も容易と、
若干オーバースペック気味とすら言えるほどに優秀な武器である。
そのため、後述の通り装備や相手次第では開闢の焔竜棍や黒龍棍【天命】などに分があるが、
非常に高い汎用性とスキル自由度を誇る渾然一体の薙刀ヤマタを事実上の最終装備とするプレイヤーは多い。

•以上のように高い汎用性と威力を両立させるヤマタであるが、それに応じて作成難度は非常に高い。
生産から最終強化までに尾殻×6、扇刃×5、天剣の龍玉×1といった入手困難な素材の他、
鉤爪×2、渦巻骨×6と虫の強化素材、そして多額のお金が必要となる。
これまでの主力であったであろう棍は製作・強化が非常に簡単なので、
作成難度にギャップを感じた人も多いのではなかろうか。
特にキー素材の尾殻は切断した尻尾からの剥ぎ取りで入手するのが主なため、
そもそもこの棍の存在に気づかない人も。
•縦しんば存在を知っても、作成までに尾殻3つと扇刃5つが必要、
即ち圧倒的な体力値を誇るダラ・アマデュラを最低でも5回倒さねばならない上、
最終強化まではさらなる尾殻と龍玉を要求されるため負担は非常に大きい。
おまけに尾殻は尻尾の剥ぎ取りもしくは特定部位の破壊報酬限定の素材、
扇刃は背中2段階破壊の報酬で手に入るが、両方とも入手確定素材ではない。
つまり、かの悪名高いアレに引っかかる可能性が非常に高い。
実際、レア素材のはずの龍玉はすぐに入手できても尻尾剥ぎ取りが尾麟のみという事態もまま発生する。
さらにひどいと龍玉が尻尾剥ぎ取りで何個も出てくる。嬉しいのやら悲しいのやら。
◦一応、尾殻が基本報酬に並ぶ救済クエストも存在する。
が、鬼畜的な難易度に加えて、解禁されるのがHR100と何かとハードルが高く
(一応参加自体はHR8から可能である)、入手率も8%とそこまで高くない。
何よりそこに辿り着く前に素材が集まるであろうことから恩恵が少ない。

◦ただ、実は必要な素材の全てが部位破壊で手に入るため、サブターゲットを駆使すれば
必ずしもダラ・アマデュラを倒す必要はない。
後脚破壊報酬の渦巻骨はさすがに倒した方が集まりやすいと思われるが、
特にソロで素材を集める場合はサブタゲクリアも一考の余地はある。
•このように作成難易度は極めて高く、ダラ・アマデュラとの連戦も覚悟する必要があるが、
最終的には殆どの相手はこれ一本でOKと言えるほどの性能を持つため、是非とも所持したい一振りである。
幸いかの悪名高い破片は要求されないので、頑張って尻尾と背中を部位破壊して討伐しよう。

スキルは スラアクと同じく 真打 業物 ボマー 5スロ空きです。
これは一番最初に作成したダラ武器で、当初はかなり使っていました。
ただ、スラアク以上に使い勝手が良すぎるので最近は使っていません。
ヤマタ

☆ヘビィボウガン一天四海を捉えるラゼン(いってんしかいをとらえるラゼン)
ラゼン(正面)
•「ラゼン」の由来は不明だが、「螺旋」の捩りの可能性がある。
現実の銃火器には弾丸に回転を加えて精度を上げるために、
ライフリングと呼ばれる螺旋状の溝が銃身内部に設けられている。
ブレ「無し」に設定されているのもそのあたりから来ていると思われる。
•一天四海(いってんしかい)は一つの天下と四方の海のことで、全世界を意味する。
世界を睥睨する蛇王龍から誕生する弩に相応しい四字熟語であろう

•見た目はダラ・アマデュラの上体を模しているのだが、
ボウガンの各所に刃があり、下部には丸鋸まで付いている。
この丸鋸、しゃがみ撃ちの体勢になるとハンターの足に当たっているのだが…

•最終強化の「一天四海を捉うラゼン」の性能であるが、
基本性能 ◦攻撃力330  ◦防御力+40 ◦会心率0% 
◦リロード:やや遅い ◦反動:大 ◦ブレ:なし
装填数 通常弾3 (3) 8 貫通弾5 (6) 6 散弾6 (5) 6
•デフォルトの反動が大であるため、運用には反動軽減が必須になってしまうが、
トップクラスの攻撃力に加え、スロットが3つ、ガンナー防具並の防御力+40付き。
さらに通常弾、貫通弾、散弾のLv3物理弾でしゃがむことが可能。
高い攻撃力から繰り出されるLv3物理弾しゃがみ撃ちの威力は凄まじい火力を誇る。
ただし、物理弾と爆発系の弾がLv1とLv3にしか対応しておらず、
扱いやすいLv2物理弾が使用できないので注意が必要。
◦今作ではハリマグロやはじけイワシの入手がほぼ投網マシーン頼りとなってしまったため、
LV3通常弾・貫通弾をバカスカ調合撃ちしているとあっという間に在庫切れになってしまう。
どちらかというと、超火力の物理弾しゃがみによる短期決戦向きの銃である。
また、反動軽減を+1にとどめ、素材の集まりやすいLV1貫通弾で戦うスタイルも存在する。
◦同時期に作成できるようになる陸奥・天城シリーズとは好相性。
一番欲しいスキルである貫通弾強化と反動軽減を両立できる。
また、スキルの防御力UPとボウガンの防御力+40によって高い防御力を得ることが可能。
•リロード速度はやや遅いであるが、多少上げた所でLv3物理弾の装填速度は変わらず、
反動軽減との両立も難しいため、しゃがみ撃ちでカバーするのが一番だろう。
◦実際のところ、ラゼンの貫通弾Lv3の装填速度は普通であり、
貫通弾Lv3を最速で装填するにはリロードを【速い】にする必要がある。
だが、デフォルトでこれを満たすヘビィボウガンは存在しないため、
貫通弾運用においてはリミッター解除しても問題はない。
むしろ弾の消化速度の速いしゃがみ撃ちをなくし、単発の威力を高める事で弾持ちが良くなり、
貫通弾Lv3が切れた後の貫通弾Lv1の威力を高める事のできるリミッター解除を推奨する意見も根強い。

•素の状態では撃てないLV2貫通弾だが、追加スキルで解放するとなんと6発も装填される。
これによって高い汎用性と攻撃力を両立した素晴らしい貫通銃に仕立て上げることが可能であり、
貫通弾・貫通矢UP、反動軽減+2、貫通弾全LV追加、回避距離UPの4スキルを積むのが一つの理想型。
ただしこの構成で装備を組むにはどの組み合わせに於いてもいわゆる「神おま」を要求されるため、
「追加強化ラゼン」と呼ばれるこの運用型は数多くのガンナー憧れの一品となっている。

•最大の欠点は強化の際にあの凶星の欠片を4つも要求されることか。
数をこなせば集まる素材ではないため、地道に採掘するしかない。
•武器を出しているときにはボウガンの各部が回転するほか、
パワーバレルを付けているとレーザーサイトが照射されるギミックがある。
ラゼン2
スキルは 剛弾 反動2 攻撃up【小】
作成前にいい発掘カオスを引いてしまったので殆ど使っていませんw
射手3の発掘リべリオン胴が出たので、何となくの剛弾装備です。
ラゼン1

☆弓神算鬼謀に穿つヨイチ(しんさんきぼうにうがつヨイチ)
ヨイチ(側面)
•「ヨイチ」の由来は平安時代に活躍し、優れた弓取りとしての逸話を持つ武将、「那須与一」だろうか。
歴史上の人物の名を武器名にぶち込んでくるとは、これも他武器とはまた違ったベクトルで凄まじい。
•神算鬼謀(しんさんきぼう)は、人知を超えるほどの優れた計略を表す。
緻密な計略で以って運用しろという事なのか?
•発掘装備の弓では、この弓と全く同じ溜め段階と対応ビン、そして麻痺ビン強化を持つものが存在する。
•高攻撃力、マイナス会心、溜め4初期解放のせいで使い勝手が悪くなっている、強撃ビン装填不能、
そしてラスボスの超大型古龍から作られる弓……と、共通点が多い。

◦ヨイチへの強化には、かの悪名高き蛇王龍の尾殻が8個も要求される。
どうしたことか、アマデュラ素材が関わる全武具中でも屈指の要求数である。
いくら切断属性の攻撃があるとはいえ、弓で尻尾を切断(破壊)するのは現実的ではないため、
素直に剣士で挑んで集める方が得策である。
一応、後脚か下半身の破壊報酬で狙うという方法もあるが、効率が悪い。

•胸殻から生えた剣のような鱗を、弓の形に繋ぎ合わせたデザイン。
弓の縁は余すところなく鋭利な刃で覆われており、扱いを間違うと使用者が怪我を負いかねない危険なシロモノ。
そのまま弓で斬りつけた方が強いのではなかろうか。
ヨイチ(正面)

•神算鬼謀に穿つヨイチで攻撃力は圧巻の276。MH4生産弓の中では第2位の数値である。
会心も0%と安定しており、麻痺ビン強化と若干の防御力、そしてスロット3つが付いてくる。
•このように数値上のスペックは非常に優秀なのだが、
しかしこの武器もまた他の多くのアマデュラ武器の例に洩れず欠点を抱えている。
まず目につくのは、ヨイチ最大の特徴ともいえる溜め段階だろう。

溜め1/拡散2 溜め2/拡散3 溜め3/貫通4 溜め4/連射5

なんとこの弓、最初から溜め4が解放されているのである。
しかし、溜め3が貫通なのに対し、溜め4は連射。
弓はクリティカル距離維持の観点から、
溜め3と4で矢のタイプが異なる弓は溜め4を解放させない方がいい、というのが定説である。
これでは「溜め3貫通を撃つつもりが溜め4連射に化けてしまった」という事態が発生しかねない。
◦主力となるのは溜め3であるが、残念ながら無属性貫通矢の需要はほぼない(有効な相手も一応存在する)。
ならば溜め4の連射を使えばいいのだが、
いかんせん溜め4は溜め時間の長さによるDPS低下・スタミナ消費増といった難点がある。
何より無属性連射弓には攻撃力300で溜め3が連射Lv5の弓が存在している。

•では対応ビンはどうだろう。
PTプレイでありがたい麻痺ビン強化だけでなく、毒・睡眠・減気ビンにも対応している。
……が、まさかの強撃ビン非対応。せっかくの高攻撃力なだけに誠に残念である。
•覚醒で爆破属性が付くものの、属性値130。爆破弓の中では最低である。
ただでさえ弓は必須スキルが多く、ましてやこの武器には強撃ビン追加もかかせないので
わざわざ発動させるのかと言われると微妙なところ。
◦MH4ではラギア一式が覚醒に加えて集中・弱点特効と弓には嬉しいスキルが付いてくるので
覚醒の発動自体はそれほど難しくない。
これとお守りを合わせれば強撃ビン追加+αも可能になる。
ただし、折角の状態異常ビン全対応を活かすために状態異常弱化には注意すること。

•現状、この武器の評価は「スペックは高いけど使いにくい弓」程度に留まっている。
説明文の示す通り、英雄と謳われる弓使いが持ったときにこそ、その真価が発揮される……のかもしれない。

スキルは 覚醒 攻撃up【中】 強撃ビン追加 集中 弱点特効 です。
弾強化の代わりに火力を底上げし、強走薬(G)を飲んで溜め3と4を主体に運用!
って感じで幾度か使ってみましたが、趣味の範囲でした…。

そこで
ヨイチラギア見た目
ヨイチラギア
というのも組んでみました。 うん。空きスロw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

lucy7

Author:lucy7
いらっしゃいませ♪ヽ(´▽`)/

3Gが初モンハン!!ドハマリしました。
またまだヘタクソなんで日々精進です。
勲章コンプできました。
4でオンラインしてます(*´∇`*)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。